中古ドメインというものを知っていますか?中古ドメインは取引されていて少額のものから高額のものまであります。中古ドメインについて考えてサイトの運営に役立てていきましょう。

世界で取引されている中古ドメイン

中古ドメインを買ってみよう

携帯から中古ドメインの購入を行う男性 中古ドメインとは、もともと使われていたドメインが期限切れになって今は使われていないというものです。
そしてこの中古ドメインは、seo対策に効果的であると言われています。
seoはグーグルが検索エンジンをユーザーにとってより良いものにするために検索ワードに対する表示サイトを決定するものですが、その基準は数百に及びます。
そしてドメインの判定もその一種として含まれており、比重が高めです。
サイトはコンテンツの中身が最優先ではありますが、それ以外にも信用力なども判定基準に関わってきます。
グーグルはクローラーという人工知能を使って、検索エンジン全体を巡回しています。
これによって、それぞれのサイトがどのようなもので、なんの検索ワードに対して表示するのが適切かというような判定を行います。
しかし、この巡回は何度も行って初めて結果に反映されることが多いです。
そのため、サイトのコンテンツを一気に作り上げたとしても、評価が反映されるまでには数カ月の時間がかかるのです。
また、古くからあるサイトの方が判定基準が上がりやすく有利だということがあります。
なぜならそのドメイン名に対して過去の評価データが蓄積されているからです。
そのため、中古ドメインのなかでも過去に有力なサイトであったドメインは高値で取引されています。
また、有力なサイトであった過去のあるドメイン名は、他のサイトにリンクが残っている場合が多いです。
その場合は、そこのリンクからクローラーが飛んでくることも多いのです。
グーグルのクローラーはあらゆるサイトのあらゆるところからリンクして巡回しているため、リンクが多ければそのサイトに来る回数も多くなるのです。
そして多く巡回すれば評価が上がっていくため、サイトの集客効果が出るのも早いです。
リンクのしやすいサイトは、そこからの集客も増えますし、クローラーが評価もしやすいので、一石二鳥な面があります。
ネットビジネスにしてもそうでないビジネスにしても、相乗効果というものが働き、客がさらに客を呼ぶ状況になります。
逆に言えば、集客がなければさらに集客がなくなります。
ネットでは特にリンクや口コミが拡散されるため、特にこのような相乗効果が働きやすいのです。
中古ドメインを買うのもこの戦略のうちの一つで、集客の流れを作るためには有力な手段です。
最初から有利な条件で流れを作りやすいので、買ってみるのは非常に効果的な作戦です。

なぜ中古ドメインは需要があるのか

中古ドメイン自体の有用性にワクワクする女性 中古ドメインがインターネット上で盛んに売り買いされるほどの需要を持つということの理由としては、まず何よりもドメインとしての実績が存在しているからということが挙げられます。
現在のインターネットではこれから訪問しようとしているウェブページのアドレスを、自分で入力するということがほとんどありません。
おおよその場合は調べたいキーワードを検索サイトに入力し、検索エンジンによって見つかったウェブページをクリックしてアクセスするといったようになっていることでしょう。
この検索エンジンの検索結果というのがポイントで、現在使用されている検索エンジンはそれぞれのドメインに対して評価を与えているのです。
例えば他のウェブページからどれだけリンクをされているか、運用が開始されてからどれくらいの時間が経過しているかといったことが評価のポイントになるわけですが、中古ドメインは最初からこうした実績がある程度蓄積されているため、新規にドメインを取得するのよりも早い段階で多くの人に認知してもらえる可能性があるのです。
またそもそも中古ドメインの場合、エイジングフィルターを無視できるというのも大きなポイントです。
エイジングフィルターとは先ほど少し触れた、運用が開始されてからどれくらいの時間が経過しているかを判断する際に使われるものです。
例えばエイジングフィルターが3ヶ月に設定されていた場合、取得されてからまだ3ヶ月が経過していないドメインを持つウェブページに関しては、検索結果に一切表示されません。
新規ドメインの運用はここをいかにクリアするかが重要な課題になるわけですが、中古ドメインの場合はこのエイジングフィルターの問題もすぐにクリアできますから、早い段階から多くの人に見てもらえるウェブページを作るとすれば重要な選択肢になるでしょう。
またこうしたことは中古ドメイン自体の有用性によって発生する重要ですが、購入する側の事情によって発生する需要もあります。
特に購入する側の事情として大きいのは、アフィリエイトサイトの運用が手軽にできる副業として注目されてきたことです。
これまではインターネットに精通していて、自分でウェブページを構築する技術がないとアフィリエイトサイトの運用は困難でした。
しかし現在だとアフィリエイトサイトを作るためのひな型も多く配布されていますし、そもそもブログ形式にするのならば管理の手間がほとんど発生しません。
こういったことがあるため、新規取得ではない中古のドメインに対して需要が高くなってきているのです。

上に戻る